レーヨンを洗う

大抵の素材は、自宅で洗濯してしまいます。
時々は失敗して、縮んだり、色々あるけれど、あまり凹んだりしません。

ところで、先日使ったストールは、100%レーヨン素材。
あまり汗をかかない時期に、3~4回使用したけれど、やっぱり肌につかないわけではないので、出来れば水洗いがしたいと思いました。

レーヨンは、以前、洗い方がよくわからず、しっかり縮めてしまったものです。
そこで、今度は、絶対に・・・は、無理でも、出来るだけ縮めないで洗いたいと思いました。

インターネットであれこれ調べると、何やら随分と高価な洗剤を使って、しかも2分以内に洗えとか、脱水しろとか。。。すごく怖いことがいっぱい書いてありました。
こういうときは、急がず慌てず、日にちをかけて調べたほうがいいとばかりに、そのままストールは家の中に放置されていました。

で、何日かかけて調べたのですが、結論は、どんな高価な洗剤を使っても、縮むときは縮むと。
そういったわけで、普通のおしゃれ着洗いの洗剤を使うことにしました。

もちろん、おしゃれ着洗いの洗剤には、レーヨンは洗うな!と書いてあります。
でも、ドライクリーニングなんて、臭くなるだけだし、そのインターネットに載っている高価な洗剤も、同じような臭いがするとか、残るとか。

だったら、やるしかないと、本日、天気がよく、湿度も低かったので、ついに挑戦してしまいました。
結果は、縮まなかったと思います。

まったく同じサイズかどうか、そこまで計測してみてはいませんが、見た目も手触りも、洗う前と同じ。
しかも、香りが良くなって、竿に横長に干したら、シワも取れて。

やり方は、インターネットに掲載されていたものを参考に、おしゃれ着洗いの洗剤液を、大きな容器に手洗い用の量を作り、そこに浸して優しく押し洗いをしながら、ゆっくり60数えるうちに、ざっと濯ぎもして、すぐに脱水が出来るように、予め洗濯機の設定をおこなっておいて、6分ほど脱水して、すぐに干しました。

縮むとしたら、干したあとではなくて、干す前だと思いましたが、とにかく、縮んだ感じがしません。
薄手のストールだったので、物干し竿で乾くまでに30分位だったでしょうか。

ともかく、満足の行く結果になって、良かったです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック