アルツハイマー〜薄れ行く母の記憶〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとつだけいいことがあった

<<   作成日時 : 2006/05/26 16:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今、ひとり住まいの学生生活を送っている二男から電話があった。
あの子から電話があると、大抵は文句とか、不平とか、脅しとかなので、私も電話で話すのが憂鬱だったのだけれど、今日は妙に明るい声だった。(逆に怖いかな?)

夏休みなど、こちらに長期に帰ってくる時は、また我儘を言い出すのだろうけれど、ゴールデンウィーク明けに帰ってからおよそ3週間。
取り敢えずは、仲のよい友達も出来て、授業のない時は殆ど眠っているらしいが、彼にとっては無理のない大学への進学でよかったのではないかと思う。

「周りがあんまりバカみたいなんで、厭になるんだよね〜」とは言っていたが、それこそ背伸びして入った学校だったら授業についていくだけでも大変だし、自分の方がバカに見えるはずだから・・・まあ、分相応だったのではないかと、やっぱり私の見立てはよかったのだと、今は少し安心した。

おばあちゃんがアルツハイマーになったことは、前回の彼の帰郷前に電話で話したが、彼が帰ってきた頃は、母も今ほどの酷い様子ではなかったので、今回はその話は彼の方からは出なかったので、こちらからは何も言わなかった。

また、ワンコ娘の子作りのことも、「一応ブリーダーさんには相談しているんだけど、なかなかいいお婿さんがいなくてね。もし、今回がダメだったら、その次と思ってるんだ」と言ったら、あまり拘って突っ込んでこなかった。(ほっ!)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひとつだけいいことがあった アルツハイマー〜薄れ行く母の記憶〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる