テーマ:母の病気の余波

ブログの更新が滞っていた理由

ついつい億劫になり、数ヶ月ブログの更新をしていない。 毎日ではないけれど、何かしら出来事はあるのだけれど。 ブログが滞っていることの発端は、やっぱり母のことだ。 『もう、そろそろいいだろう』と主治医が言ったとかで、相談員が電話をしてきたのだ。 もう、そろそろいいって、何!? 何が、もうそろそろいい、わけなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の状態

昨日は一ヶ月に一回と夫が決めている母の面会日でした。 でも、回を重ねるごとに夫も精神的にきつくなり、夫は母の担当の相談員さんに電話をしてから出掛けるようにしました。 ところが・・・。 どうも、母の容態は芳しくないようでした。 胃がムカムカするので!?ご飯を食べようとせず、点滴を受けているようです。 夫はハン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二ヶ月振りに夫が母に面会してくれました

先月、夫は私と私の母と自分の母のためにそれぞれ綺麗な(結構高い)ストールを買ってくれました。 私には買った当日に、自分の母には数日後にストールをくれました。 そして、私の母のためにもストールを持って面会に行く予定でしたが、精神的にきつくてやっぱり面会できませんでした。 昨日、夫は面会に行ってくれました。 でも、5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして夫も面会に行けなくなった・・・

私が母に面会できなくなってからどれくらいが経つのだろう。 あれは東日本大震災のあとの夏だったような気がする。 母の入院が長引いて、面倒臭くなった主治医が「家に戻そうとは思わないが・・・」といいつつ、別の居住場所を探すように私に言い渡したことが大きなきっかけだった。 私は動転して、気が変になってしまった。 母のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相談員さん、ありがとう

実は、母の電話復活の後、母のことに関連して相談員さんのことをブログに一度書き込み始めて消したのです。 なんて書いたらいいのか、上手く言い表せなかったからです。 つまり、母の電話の復活に関連して相談員さんが電話をくれたのですが、「今でも時々夫と相談します。長男のことがなければ、母を引き取って面倒が見られるだろうか、と。でも、結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電話機を買った

我家の電話機はおよそ12年前のもの。 インターホンとも繋がっているタイプで、親機と子機二つがある。 それ以前は、前の家でファックスとスキャナーのついたものを使っていた。 我家にはPCの無線LUNが発達する前の遺物ともいえる電話回線の差込口も何箇所かにある。 だから、その古いファックスの付いた電話機も10年近く前ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母からの電話~復活~

日曜日の午前中、見慣れない電話番号から自宅番号に電話があった。 ナンバーディスプレーになっているので、非通知や公衆電話からの着信は拒否しているが、夫の仕事の関係もあって全ての見知らぬ電話番号を拒否するわけには行かず、大体私が最初に電話を取るのだが、その朝の電話は2年振りくらいの母からの電話だった。 母の声を懐かしんでいる余裕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物が溢れている

古い所帯だと、本当に色々な物が増えてしまいます。 まあ、東日本大震災にあった時は、それだからこそ生鮮食品だとか、ガソリンだとか、買い置きができないもの以外には余り困らなかったのですが・・・。 でも、今まで広げていた物との生活、やはりこれからはどんどん縮めておくべきだと思います。 父が亡くなった時は、父の本や、衣類や、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どのように考えたらいいのか分かりません

家族と家庭のことを考えたら母のことを心から締め出すしかないように思います。 母は私の母の形をしているけれど、最早本来の母ではないのだと。 でも、そう思うことはどんなに辛いか・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五月最後の日

毎日、あれこれ書こうかな・・・と思いつつ過ぎて行く。 今年の気候もまた異常。 いつまでも雪が降って寒かったと思ったら、五月で七月の気温とか、入梅とか。 母は例によって、病気の為か異常行動。 あんなに小さい頃可愛がった(と母の弁)私が母の世話をしないのを恨んでいるとか、102歳の祖母(母の実母)の世話をしている叔母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりそうなのね

この三連休初日の土曜日は、第二土曜日だった。 一応、一ヶ月に一度の面会は第二土曜日に決めているのだが、年末年始の慌しさの後、酷い風邪を引いてしまった私は、うっかり忘れていた。 そして、金曜日の朝だったか、夫に言われてカレンダーを確かめた。 今はすっかり面会は夫の役目になっている。 夫も精神的な負担は大きいと思うの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感情が溢れ出す

普段は深く考えないようにしています、母のこと。 考えても、結局解決の道はないのですから。 そして、冷静になって考えれば、母を引き受けるということは、現在の綱渡り的生活をも壊すということです。 家族の誰もが私を手伝ってくれることはなく、私に手伝わせることばかり望んでいるのですから。 私一人で、夫と上の息子二人と義母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝に銘じたこと

本日のY新聞の人生案内に、50代主婦の方の投書が載っていた。 現在認知症の疑いがある80代の母親をこの夏に引き取ったが、すでに同居に限界を感じているとのこと。 この母親は、老人ホームでもトラブルが多く、16年間世話になった二箇所目も2年前に出ている。 友人も趣味もなく気の毒だとは思う娘に反論されれば逆上し、ペットの猫を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どう割り切ったらいいのか

母の言葉ひとつひとつに過剰反応してはいけない。 病気の人の言うことなんだから・・・とは思うのだけど。 とにかく、毎日家に帰りたがっている。 自分では何でも一人でやっていると思い込み、家に戻ったら私の家事を一所懸命手伝える体だと信じ込んでいる。 だが、実際は自分の感情をコントロールできず、薬でコントロールさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は面会日

一ヶ月に一度は面会に来るようにと言う主治医の指示で、昨年の秋くらいからずっと第二週目に面会に行ってくれている夫だが、来月は二週目に用事があるので予定を早めて明日面会の予定でいる。 母からの手紙に返事をと思うのだが、何を書いたらよいのか分からない。 二回は日常の出来事を短く書いたが、私が退院に同意しないので手紙にけちをつけ、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

触れたくないけど母のこと・・・

勿論、何もない訳じゃありません。 頭の中にはいつも母が重く存在していて、一日たりと完全に思い出すことがないなんて日はありません。 そして、母にとっては退院することだけが毎日を生きる目的です。 最早、私の精神状態、孫のうつ状態、私の家庭内の不安定なバランスを理解することはありません。 家に帰りさえすれば、自分が思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイッチが入った!

さっき、母の病院の担当相談員さんから電話が入った。 と、その中で母が私について「あんなに尽くしたのに・・・」と、母に面会しないとか、引き取らないことを嘆いたと聞いた。 私のスイッチはオン!! 「尽くした」って、なんだ!? 子育てすることは「尽くす」ことなのか!? 母は、若くして寡婦となった祖母に尽くしたとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に母のこと

数日前に、担当の相談員さんから電話があった。 母の様子を電話で連絡してきたのだ。 夫は私の代わりに毎月第二土曜日に母に面会してくれているが、この相談員さんにかわってから会ったことがない。 勿論、私も会ったことはない。 そして、電話を貰って改めて思った。 もう、私は本当に駄目なのだな、と。 以前は、母と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふとした想い

疲れた~なんて、ぼやいたりもするけれど、私は特別に不親切な人間ではないと思う。 先日、義父の葬儀後のあれこれを手伝うために義母の家に行った時、あの大震災の話になって、「あっちこっち壊れたところがある。この靴箱の扉もはずれてしまって、私が壊したと(義父に)言われた」と義母が言いながら、私に上部の留め金がはずれた箇所を見せるので、私は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年末年始

年間に色々な祝日や行事がありますが、新たな1年が始まる日は、やっぱり特別だなって思います、私でも。 で、思ってしまうわけです、母のことを。 一人寂しく・・・って、入院しているので一人ってことはないですし、お正月はそれなりの配慮をしてくれているでしょうが・・・過ごさせないで、せめて正月だけでも、一緒に過ごせたら・・・って。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考えちゃいけないと思って

母のこと、考えたってどうにもならないのですから、考えてはいけないと思うのですが、考えてしまいます。 そして、結局、最後には、過去の母への不満があれこれ噴出してきます。 それじゃ、母の祖母への思いと同じじゃないか・・・と反省するのですが、毎日頭の中で、グルグルと考えてしまいます。 そして、『母はいいよ、少なくとも鬱なのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の裁縫箱

母は、とにかく手先の器用な人だった。 母は、裁縫箱と言うものを持ったことが無いのではないか。 裁縫箱程度の大きさでは、母の色々な道具は納まらなかったのだろう。 母は、小引き出しや整理ダンスが好きで、その中の何段もを使って、裁縫や手芸に使うものを整理していた。 私は小さい頃、畳の上の座布団に座って縫い物をする母の側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫に助けられています

考え方の違いなどで、普段はムカつく夫ですが、母のことでは助けられています。 一ヵ月ごとの母への面会、私は夏のあの日から行っていません。 病院までは行くのですが、とても面会する気にはなれません。 それを夫は理解してくれて、私の代わりに母に面会してくれています。 夫は仕事柄「認知症サポーター」!?の講義だかなんだかを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母を憎みたくは無い

穏やかな気持ちで母に会いたいのに、母はそれを許さない。 私はもう母には会えないのだ。 今月から、ずっと職に就かなかった二男がとうとう正社員を目指すアルバイトに採用される可能性が大になった。 彼も色々傷ついただろうけれど、働く意欲を全くなくさなくてよかったと思うが、まだ働き始めたわけではないので安心は出来ない。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一ヶ月は早いです

夫に母の面会を頼むようになって、明日で3回目です。 一ヶ月に一度と言うのは、簡単に巡ってきます。 勿論、私も病院へは一緒に行きますが、面会は出来ません。 今日だってもう、気持ちが重いのです。 もっと若くて元気な時だったらね~とか、せめて子供たちが順調だったらね~とか、自分の精神状態が安定していればね~とか、とにか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好い加減に疲れた

乗り越えても、乗り越えても、後から後から問題が起きる。 それも、自分が起こす問題じゃない。 自分の人生がある時から自分のものでなくなってしまったみたいだ。 いつもビクビクしながら生きている。 私はそんな人間だっただろうか!? 私はいつも自信に溢れた人間だったような気がする。 別に容姿がずば抜けてよいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんとなくつぶやいて

毎日憂鬱です。 原因は、子供や母の問題にあり・・・ってことは分かっているのですが、これらは簡単に解決する問題ではありません。 だから、あれこれ悩んでも仕方がないんです。 時が解決してくれると思うしかないとも分かっています。 でも、やっぱり憂鬱です。 暇だから、生活に困っていないから、とも言われてしまうかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母に関連したブログの筈が・・・

この頃、アルツハイマーの母に関連したブログである筈のここには、メチャメチャ違うことを書き込んでいます。 まあ、私が直接に母と会っていないって言うこともあるのでしょうが。 先週の土曜日、病院へ足を運び、夫に面会して貰ってきました。 私は、本当に、もう、当分会えません。 ついに、こちらが参ってしまいました。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落ち込んでいるのは自覚している

明日は、母へ面会の日だ。 長男は、なかなか大学へ登校出来ずにいる。 二男は、就職活動をしているのか、していないのか。 三男は、仕事を辞めたくて仕方がないようだ。 そして、夫は体調が悪いけれど、頑張って仕事に行っている。 私は、何もかも上手く行かない。 と思ったり。 人生なんてそんなものだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今だって、母のことを考えない日はない

常に、頭の中には母のことがある。 しかし、私一人で解決出来る問題だろうか? そう何度も自分に問い掛けている。 2~3年ごとに、「お母さんねえ、ここ、(人間関係が)嫌になっちゃったの」である。 それで私が小学校6年生から数年置きに引越しを繰り返してきた。 私が大学生の時に引っ越した場所と、私が結婚してから引っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more