テーマ:認知症だらけ?

絶望感で一杯

昨日は酷い一日でした。 夫を地下鉄の駅に送ってから家に戻ってきて、荷物を持って長男のところに行ったのですが、そこでまずがっかり。 そして、長男のところにいる間に東京で就職活動をしているはずの二男から電話があってがっかり。 最後に午後3時過ぎに家へ向かって車を運転している時に母が入院している病院の担当相談員さんから携帯に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年早々見つけた記事です

ネットで、以下の記事を見つけました。 母や自分の境遇とは違いますが、やっぱり気になって、こういうものには目が行ってしまいます。(笑) で、年末年始、夫婦共に風邪をひいてしまって、今年はまだ母に会いに行っていません。 というか・・・会いに行くことを考えると、まだまだ憂鬱です。 せめて息子たちの心配をしなくてよくなれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考えもまとまらぬままに

グループホームで火事がありました。 火事の原因は、ストーブの上に日常的に干されていた洗濯物に火が燃え移ったとか・・・。 亡くなられた方々は、認知症で動けない方だったとか・・・。 新聞を斜め読みしたので、間違っているかも知れませんが・・・。 どちらにしても、大変不幸な事件が起こってしまった訳で、色々な情報が流れてきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまたまたまた・・・毎日電話

この一週間ばかり、一日おきに母から電話がありました。 そして、ここ三日間は、一日に三回以上電話が掛かってきます。 とは言っても、こちらの都合や体調も理解出来ない母なので、家電は常に留守電になっています。 それも、以前は留守電で受けていても音声が聞こえる状態で電話を使っていましたが、しばらく前からは母の電話番号から掛かってくると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元の木阿弥

また、毎日母から電話が掛かるようになってしまった。 私がお金を盗ったとは言わなくなったが、金曜日は夕方の5時に「お金が心細いから持って来て」と言う。 私にだって現役の主婦の生活があるのだ。 こんな時間から母のところへ今夜遣いもしないお金を届けられるほど、私は暇じゃない。 それも、あとで確認したら、その時母の財布には2万5千円も入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水由貴子さんのご冥福をお祈りします

そして、改めて、母を施設に入居させた自分を間違っていない、と思いました。 本当に人それぞれです。 事情も、考え方も、性格も、色々な事が。 そして、私などよりずーっと苦労をされてきたかも知れない、このように明るく、優しく、真面目に振舞っている女性でも、限界に達してしまう今の介護制度って何なのでしょう。 ケアマネさんたち…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

不思議だ

毎日のように、新聞には認知症の親と住んでいて、その介護を引き受けている実の息子の話が載っている。 で、決まったように、疲れ果てたとか、介護の為に働けず親の年金で暮らしているとか、施設や老人ホームに入所させるのは罪悪感があるとか、書いてある。 疲れ果てるのは分かる。 施設や老人ホームへ入所させることが、気が咎めるのも分かる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫も憤る!?

暫く前、要支援1の義母には買い物介助のヘルパーさんをお願いし、要支援2の義父はその様子を見ていて、自分から週二回のデイサービスに通うことを希望した。 夫は、自分の年老いてきた両親が気には掛かっても、我家の家計を支えているものとしてはそうそう休んで面倒を見る訳にも行かず、私は気に入られていない嫁として!?(笑)夫の両親のことにはノータッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夫も大変・・・

この異常に暑い夏、私の協力もあってやっとのことで夫は自分の両親の介護認定(要支援2と1だったが)を受け、まず義母が1だったので週一回のお買い物支援を、義父がその後「デイサービスに通いたい」と言い出してくれたお蔭で週二回リハビリメニュー?などもこなすようになって、ホッとしたのも束の間、義母が「もう、買い物に行けるから、ヘルパーさんはいらな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた夫

今日は、夫が夫の母に付き添って先週かかった医者へ行く日だった。 で、先週も色々とたいへんだったらしけど、今週もまた大変だったみたい。 帰って来た時はそれ程でもなかったが、時間の経過とともに、「医者の付き添いは本当に疲れるな~」と何回か口にした。 私は「分かる、分かる」 「自分が医者に掛かるのは、そんなに大変なことじゃないのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫も参った?

この春に義父が入院をしてから、夫は自分の両親を今までよりも面倒を見なければならなくなった。 大抵、嫁と義父母の関係は上手く行かないことの方が多いが、ご多分に漏れず、我家もその口? まあ、第一に、実は私は自分を嫁とは思っていない!(笑) たまたま夫を好きになったので、彼と結婚をしただけ。 夫が好きなら、その彼を育ててくれた両親をも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫のホッ!

今日、夫は生まれて初めて介護訪問調査に立ち会った。 自分の親のことなので、相当に緊張していたようだ。 ま、気持ちは分からなくもないが・・・。 結局、予定通り私もついて行って、私とワンコは外を一時間半も歩き回って、最後は疲れて小さなショッピングセンターの駐車場に停めた車の中でぐっすりと眠ってしまった。(笑) とは言っても、窓は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は

夫が休みを取って両親の家へ行く。 市の介護訪問調査員の方が来るからだ。 1ヵ月半か、2ヶ月くらい前、夫の父が緊急入院になった。 色々と問題のあった人らしいし、今でも問題のある人だ。(笑) 今年で80歳になるが、元々食べたものを吐いてしまうくらいの発作を起こす喘息の持病があって、しかも壮年期には鬱病にもなっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつの頃からでしょう?

私は自分の母がアルツハイマー型認知症だと分かるまでは、まあ、年を取れば誰しも物忘れが多くなるもの・・・とそんな風にアルツハイマーの大変さも分からずに、ぼんやり考えていた口でした。 それに、それぞれの家庭にはそれぞれの大変さが存在するように、うちには母の鬱病がデンと30年以上も居座っていましたから、母がアルツハイマーだと分かっても、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

可哀相な夫

今日は夫の父の誕生日だった。 夫は珍しく早目に帰宅出来たので、お祝いを言う為に実家に電話を掛けた。 私はまだ体調が悪く、電話の近くのソファで横になっていた。 さて、まず夫の母が電話口に出たようだ。 一通りの挨拶の言葉をお互いに述べたのだろうか、悲劇はその後に起こった!? 内容は聞き取れなかったけれど、何やら電話口で義母が夫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more