幹事終了

25年ほど前にたまたま選ばれた女性たちが海外研修に出掛け、その後親睦会が作られた。

私は家族のさまざまな問題に対処するのが精一杯で、20年ほど前に退会を考えていた。

けれども長期に亘って幹事を引き受けていた人に止められて、私の意志は通らなかった。

そして4年ほど前にその幹事が突然に幹事をやめると言い出したとき、突然のことで誰も引き受けてがなく、私がその人よりも年が若いと言うだけの理由で仕方なく幹事を引き受けることになった。

それから2年後くらいに親睦会を開く予定だったが、体調不良などもあって開けず、やっと今日久し振りに会を開くことが出来た。

しかし、その誘いの連絡を出してから、嬉しいことと嫌なことが起こったのだ。

嬉しいことは、長い間ずっと親睦会に出席されなかった方が出席してくれたこと。

嫌なことは、突然幹事をやめるといった人が自分が親睦会を開いていた秋にも例年通りに会を開けといってきたこと。

???

なんで、幹事の都合で親睦会の時期を決めてはいけないのか。

自分の思い通りに会を開きたいのなら、自分がやれば良いではないか。

そんなわけで楽しいはずの会にケチが付いた。

しかも出欠ハガキを送り返してくれない人もいたのだ。

もし以前の幹事がとやかく言ってこなければ、私はもう一回くらいは幹事を引き受けようと考えていたというのに。

で、以前の幹事が自分のあとに本当に引き継いで欲しかった人の名前を上げたので、私はその人に電話をして引き受けてもらうように頼んだ。

その人は誰もほかにいないならと消極的な返事だった。

しかもいざとなると、やる自信がないという。

その人は70歳だが、私だって還暦を過ぎている。

若いからやれるというものでもない。

だって、今回親睦会を開こうとしてわかったが、やっぱり多かれ少なかれみんなボケているのだ。

25年前、私は30代後半で30代の5人の中では一番年長だったが、その頃の他の人達は40代が二人、あとは50代後半だったから今は80代だ。

それぞれがいろいろな資格を持っていたり、役目を引き受けている人たちの中で主婦は私だけ。

でも今はほどんどがボケ老人!?

ともかくもう、私は幹事は終わり。

そして二度と親睦会には出席しないつもり。

自分だってボケてきているのに、もっとボケている人たちの世話なんて出来ません!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック