母の夢を見た

久しぶりに母の夢を見た。
母は今よりもずっと若々しく、話していることもまともな印象だった。
そして、私達家族のことを思いやってくれていた。

カラーの美しい夢で、母が最近手に入れたという不思議なキャンドルを私に見せてくれたのだ。
それは火をつけると白と淡いピンクのロウの花がパッと開く、多分この世にはない不思議なもの。
私はその素晴らしさに驚いて、喜んでいた。

ああ・・・・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック