母の状態

昨日は一ヶ月に一回と夫が決めている母の面会日でした。

でも、回を重ねるごとに夫も精神的にきつくなり、夫は母の担当の相談員さんに電話をしてから出掛けるようにしました。

ところが・・・。

どうも、母の容態は芳しくないようでした。

胃がムカムカするので!?ご飯を食べようとせず、点滴を受けているようです。

夫はハンストと表現していましたが、相談員さんがどのように表現したのかは、分かりません。

それから、5分間隔くらいでナースコールを押すのだそうです。

そして、夜中に私(娘)に「電話して!」と叫ぶとか・・・。

精神科病院への長期入院を国は減らすようにしているそうですが、こういう患者もその数に入っているんですよね。

でも、自宅介護をしたって、うちの母は落ち着きを取り戻すような人じゃありませんよ。

そんな人間的な状態は、当の昔に無くなってしまっているのですから。

5分間隔でナースコールを押すような状態の人間、況してや実母を冷静に何十年も一人で介護なんて不可能です。

長期入院を減らせ~といっている人たちは、自分で妊娠出産育児をしたことがあるのでしょうか。

あんなに可愛いと思える赤ちゃんだって、母乳で育てるなら睡眠不足で頭が変になりそうになるのです。

しかも、赤ちゃんは泣くけど、言葉で文句は言いません。

それが、介護されなきゃならなくなった親だったら、文句たらたらですよね。

あ~とか、う~とかしか言えなくなるまでは、何十年も文句たらたら。

最近新聞で読みましたけど、介護は家族主体でやってはいけないと。

社会が主体にならないと、到底介護する側もされる側も行き詰ってしまうそうです。

まさにそのとおり。

他人に世話をされて文句を言っているような人が、家族の世話になったからといって感謝の言葉を言いますか?

ありえませんね。

家族を奴隷のようにこき使っても、不満に思うだけですよね。

家族の世話になって感謝できる人は、他人の世話になれば更に感謝すると思います。

何度もいいますが、母は悪い人ではなかったけれど、もはや今の母は過去の母の残骸以下です。

私が数年で還暦を迎えることすら理解していません。

そして、自分が病院から出たいからといって、102歳で亡くなった祖母を最近まで世話していた叔母のところへ同居しようと考えるような状態の人なのです。

ありえないでしょう。

102歳の姑の介護をしている人である叔母だって、私より年上なんですよ。

病院を出てそこへ行くから、交通費を貸してもらってくれという母からの手紙をしばらく前に受け取ったんですよ、私。

病院から出られれば、何でもありなんでしょうか。

そういう問題じゃないでしょう。

もはや、まともな人間の考える思考じゃありませんよね。

それでも、こういう人を家族だけで(ヘルパーさんの助けはあっても)介護できると考える人って、どういう人なんだと思ってしまいます。

自分でやったことがないからなのか、もっとひどい状態の人を何十年も一人で面倒見てきたスーパーマンだからなのか!?

私は、体中が痛いただの年取った女です。

スーパーマンじゃありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ヨシコ
2014年07月14日 20:15
まったく同感です! 在宅介護が最善だなんて(それができる人もいるかもしれませんが)やったことのない人の幻想です。する人される人、両者にとって悲劇が生まれると思います。
2014年07月14日 22:30
ヨシコさん、お久し振りです。
コメントをありがとうざいます。
国にお金がないのも分かりますが、認知症の年寄りの介護で、働ける年代の国民が介護疲れなどでどんどん死んでしまったらどうするつもりなんでしょう?
子供を増やせばいいと考えているかもしれませんが、子供は一晩じゃ大きくなりませんしね。

この記事へのトラックバック