洗濯機の不具合~信じられない。。。その2

洗濯機の不具合が直らない。

十円玉は回収したが、やはり排水口とホースの間から水が漏れてくる。

排水口の構造が今ひとつ分からないので、直しようがない。

それでも水が漏れてくるのだから、やっぱりゴミが詰まっているのだろう。

それとも排水口が壊れたか!?

取り敢えず排水口からホースを引き出して、それにホースを繋いで風呂場に水が流れるようにして洗濯機を働かせてみた。

と、二度動かして二度とも最後までちゃんと働いた。

やっぱり排水口の詰まりが原因なんだ!

確信できたのはいいが、どうしたらいい?

私は排水口の辺りを見つめた。

銀色の輪っかが3本のネジで止められている。

あれを外すしかない。

面倒だけど~。(笑)

我が家では、大工仕事だって私の仕事。

私の世代では中学生になると男は技術、女は家庭と学習が分かれたが、あれってどんな意味があったのだろう。

私は家庭科も得意だったが、技術科も不得意ではなかったと思う。

それに結婚前から結構あれやこれやをこなしてきた。

ってことで、今回も最近買った電動ドライバーを振り回し!?排水口のネジを外した。

で、輪っかを持ち上げようとしたが、結構しっかりと嵌っている。

小さなシャベルをてこにして外そうとしたら、床に貼ってあるビニールの床材まで持ち上がってきた。

こんなことして壊れるんじゃないか・・・と思ったところで、排水口がパカッと抜けた。

銀色の輪っかの内側に黒いゴムでホースを抑えるようになっていて、その先はベージュ色っぽい樹脂で出来ている。

およそ十数センチの樹脂の先端は丸みを帯びた筒状態のおしり。

そこの内側に十円玉がおさまっていたのだ。

銀色の輪っかのすぐ下の樹脂の部分に工夫があって、水が底に溜まっている限りは下水管から簡単に臭いが逆流してこないような構造(トラップ)になっている。

そして、その構造のお蔭で、長い間に洗濯機から流れ流れた糸くずと言うか、ヘドロ状になったゴミが厚くびっしりとトラップを覆い、洗濯機からの水がスムーズに流れないような状態になってしまったのだった。

考えてみれば、結婚してからずっとこういったトラップのある排水口を使っていたわけではない。

家を建てたのは二軒目だが、前の家を建てる前に住んでいた鉄筋コンクリート4~5階建ての古い住宅では、洗濯機の排水は風呂の洗い場の排水と共有だった。

そして、この家の前に12年ほど住んでいた家にも、今と同じように排水口はあったと思うが、どんな構造だったかは、もう忘れた。

いやはや。

これでやっと洗濯機もへそを曲げずに動いてくれることだろう。

多分・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年06月30日 22:14
うちの洗濯機用の排水口にはそのままでは使えませんが(やはりネジを外して樹脂製のトラップも外さなければ)、どなたかがトラックバックしてくださいましたので、取り敢えず掲載致しました。

この記事へのトラックバック

  • 排水溝 掃除

    Excerpt: 排水溝掃除あっという間!重曹よりスゴイ!排水溝のつまり、臭いが一気になくなる! Weblog: 排水溝 掃除 racked: 2012-06-30 17:28